ごめんなさい。
第1話からだいぶ間が空いてしまい、もう8月。いまさら何を振り返っているの?なんて言われそうですが、このままだと、きっと忘れてしまいそうなので、賛否両論あるかと思いますが、続けることにしました。

3日目
いよいよ、計量。
-40kgの階級で出場する長男は、日本を出国する前、確か39.5kg。
結構ギリだな・・・ということで、ロシアへ来てからはロクに食べず・・・。
c0010590_1694.jpg



計量は、試合が行われる会場で。
宿舎からバスで30〜40分ぐらい。

c0010590_1133930.jpg



c0010590_1173653.jpg



各々、シャドーやマットの感触を確かめたり・・・。
残念ながら、計量のシーンは撮影不可でした。

結局、長男は37kg。
昨日のトレーニングルームでのバイクやルームランナーやサウナの効果?
落としすぎたカンもあるが、色々話を聞いてみると、ちぐはぐな感じもありーのでしたが、計量はパスということで、一安心。

宿舎に戻り、他支部の保護者の方に道着にゼッケンを縫いつけてもらったり、部屋でまったりしたあと、ちょっと早い夕食を食べに外出。

c0010590_1355958.jpg

なんでもない教会(?)だと思うのだが、ライトアップはとてもきれい。
雪もパラパラと。

ろくに食事をしていなかった長男が日本食を食べたいというので、ホテルの近くにある「金」と書いて「ТАНУКИ(タヌキ)」と読む日本食居酒屋に。かなり怪しい店内には、ロシア人の若者が大勢。
c0010590_1405268.jpg


味噌汁にはレンゲが付いてるは、アサヒスーパードライを頼んだのに、ビールには沈殿物が・・・。


唯一英語を話せる店員のお兄ちゃん。柔道家らしいけど。

カタコト英語の私と店員のお兄ちゃん。沈殿ビールを取り替えるのも一苦労しましたが(笑)。

c0010590_1443591.jpg


c0010590_1464092.jpg


まぁ、味は、こんなもんでしょう!という感じでした。
寿司についていたガリが美味かった(笑)。

ロシア人の皆さん、ちゃんと日本食を食べるときは、日本人がやっているお店に行ってね。

夜、宿舎に戻り、ロシア極真館のHPにトーナメントが出ているという情報。
色々調べていたら、なんと長男は、日本人選手団の中での一番最初の試合!!
本人に言おうかな、行ったら緊張度がますだろうな・・・と迷いながらも後ろを振り返ったら、長男はそんなことはつゆ知らず、口をあけて大きなイビキをかいて爆睡していました。

さあ、明日は先陣を切って闘うのだ!
[PR]
# by kaztosshin | 2015-08-05 02:06

ロシアへ! #1

昨年12月、極真空手の世界大会出場のため、中1の長男ほか、選手他サポーターの方々とモスクワへ行ってきた。前年のブルガリアに続き、旅行だったら多分行かない国であろうロシア。暗くて寒くてちょっとだけ怖いイメージのロシア、さぁ、どんなところなんでしょう?

e0275605_0143387.jpg
成田をAM10時半ごろに出発、モスクワに着いたのはモスクワ時間の夕方16時頃だったかな。
出国手続きやらを終えてホテルに着いたのが夕方18時頃。日本時間で夜中の1時ぐらい。
さすがに眠かった。
宿泊先のホテルのすぐ近くにあった建物。なんだと思いますか?
銀行です。換金しようと思って行ったらもう閉まっていました。

そして二日目。
e0275605_0373649.jpg
朝9時頃の街並み。やはり、ヨーロッパな雰囲気。
雨が降っていたせいか、寒いんだけど、思ったほど寒くない。日本の朝の方が寒いのでは?と思ってぐらいです。
出発前に、マイナス10度だとか、耳が切れるとか色々言われてきましたが、そこまでではないような・・・。
そして、今日はオフ。午後から班での練習があるということで、午前中、散歩へ。

e0275605_04393.jpg
交差点にあったキヨスクみたいな売店。
なんだか怪しい玩具に食らいついていた日本代表の二人。

e0275605_0435630.jpg
鉛色の空と街並み。

あっ!
e0275605_0492670.jpg
モスクワですから、そりゃありますよね。
インベーダーの敵キャラのような文字が二つ。
結局、読めずじまい。

あっ!あっ!
e0275605_054469.jpg
これには驚き。
一度ぐらい行こうかと思っていたけど、結局行かずじまいでした。
日本人選手団は結構行った方が多かったようです。

午後からはようやく。
ホテルのトレーニングルームを借りて稽古。

e0275605_05836.jpg

e0275605_124124.jpg
ストレッチ。
「この答えわかる人、手を挙げて〜」「はーい」じゃないですよ。

皆、一生懸命で真剣で、イキイキしていました。
格好良かったです。

続きはまたあとで・・・。
[PR]
# by kaztosshin | 2015-03-20 01:13

2014夏休み その2

黒部ダムの翌日は、楽しみにしていた黒部峡谷鉄道、通称トロッコ列車。
c0010590_14585437.jpg
宇奈月温泉の駅から、

c0010590_14585551.jpg
可愛らしい機関車に引かれ、

c0010590_1458557.jpg

c0010590_14585621.jpg
こんな景色を見ながら、数十のトンネルを抜け、山奥に。

c0010590_14585764.jpg
約1時間半ぐらいかけて、終点の欅平というところに到着。

c0010590_14585834.jpg

c0010590_14585984.jpg
足湯に浸かったり、軽く川で遊ぶ。

このトロッコ列車、元々は黒部ダム建設のための資材や作業員の方々を運んでいたらしいのですが、完成後は整備をして観光用になったとのこと。
トンネルの数が多くて、おまけにトンネル内は冷房がガンガン効いているほどの寒さ。
c0010590_1459267.jpg

c0010590_1459375.jpg

客車には勿論トイレなどないので、乗車前には必ずトイレに行くことをお勧めします(笑)。
[PR]
# by kaztosshin | 2014-08-20 14:43

夏休み2014

涼を求めて山深い富山は立山まで行って来ました。
c0010590_18251948.jpg
キャンプ場。


いざ、黒部ダムへ!
c0010590_18252046.jpg
貨車付きのケーブルカーに乗り、

c0010590_18252115.jpg
観光バスに乗り(マイカー不可なので)、

c0010590_18252257.jpg
トロリーバス(電気で走るバス)に乗り、

c0010590_18252357.jpg
ロープウェイに乗り、

c0010590_18252376.jpg
トドメはケーブルカーで、

c0010590_18252459.jpg
黒部ダムに到着!

先人の開拓精神には感服です。

c0010590_18252544.jpg
記念?に、ダムカレーを食べて来ました!なかなかのお味。おまけにグリーカレー。

所用時間、片道約2時間。
乗り物を乗り継ぐだけでしたが、結構疲れました。
でも、一度はみておきたい素晴らしいところだと思いましたよ。
[PR]
# by kaztosshin | 2014-08-18 17:56

城北、自転車巡り

c0010590_19244115.jpg

ここ最近、週末の天気が良い!
こりゃ、出かけないともったいないなー。
ということで、三男を連れ出して自転車で出かけた。
三男は我が家では問題児(笑)。
三男を連れ出すことで長男は中間テスト勉強ができるし、妻は溜まっていた家事ができるし一石二鳥!
因みに自由人の次男は朝から遊びに行ってましたけど…。

荒川を渡って板橋にあるこども動物園。
8年前ぐらいに長男次男を自転車に乗せて来たことがあって、なんだか当時の事が思い出されました。
あの時はあの時で疲れたけど、流石に40を過ぎてからの子供を乗せてってのはこたえます(笑)。
お弁当を食べてから、王子の飛鳥山公園へ。
ここには昔の都電やらD51っていう日本を代表する機関車があります。遊具も豊富でなかなか楽しい公園。長男が小学1年の時に花見に来て以来。
小高い公園を降りればJRが。
新幹線含め色々な列車に出会えます。
そろそろ時間になったので赤羽を経由して帰る途中、長男次男が通う空手の支部の赤羽道場の前を通った!
まさかビックリ道場の先生に!
自主トレお疲れ様でした!

無事荒川を渡り埼玉に。
戸田〜板橋〜王子〜赤羽〜戸田。
約20キロのサイクリング。
三男とのいい思い出ができました!
[PR]
# by kaztosshin | 2014-05-18 19:05

雲隠れ

c0010590_21333093.jpg

何年かぶりに富士急ハイランドに行って来ました。
長男は部活のため、次男•三男と。
GWは朝7時から営業ということで、5時半に出発。なんと、NO渋滞で丁度7時に到着。
三男が奥さんとトーマスランドに行ってる間に私は次男とFUJIYAMAに。15年ぶりぐらいのFUJIYAMAでしたが、相変わらずチビリそうになるぐらいの激しさ。次男はケラケラ笑ってハイテンションでしたが。
たまには絶叫マシンもいいもんです。なんだかスッキリしました。
生憎の空模様で富士山を拝めたのは到着した時だけでした。
帰りはお決まりの大渋滞。
GWもあと一日ですね。
[PR]
# by kaztosshin | 2014-05-05 21:24

制服に身を包み

c0010590_136530.jpg

 4月8日、長男が中学生になりました。
 2002年に生まれたときのことを当たり前ですがよく覚えているし、成長過程もたくさんの画像やらこのブログやらで記録に残っているし、鮮明に記憶にも残っています。
 そんな長男が中学生。そして、私は中学生の父。
 いやいや、まだまだ子供なんですけどね、私も。
 長男は成長のタイミングが皆より少しばかり遅くて、小学4年生ぐらい・・・と言われても誰も疑わないぐらい背が低いのですが、私をブルガリアに連れて行ってくれたり、大阪に連れて行ってくれたり、帰宅の遅い私にかわって三男と遊んであげたりと(次男もやってくれますよ)、心は成長しているように見受けられます。
 最近、めっきり私との会話も減りましたが、私と会話をするときの大半は空手の話題です。
 多分ですが、「強くなりたい!」という長男の思いと、「強くなっていく姿を見続けたい」という私の思いが何となくシンクロしているのかなと思ったりします。
 これから先、だんだんと難しい年頃になっていくのだろうと考えると、やや寂しい気もしますが、それは飽くまでも「成長」ということで、前向きに考えるようにしようと思います。
 とりとめもない文章でしたが、入学おめでとう!
 早く制服がジャストサイズになるように大きくなってな〜。
[PR]
# by kaztosshin | 2014-04-11 01:50 | せがれたち

 セミダブルのベッドに長男と寝ていたが、寝相の悪い長男はベッドのセンターでほぼ大の字になっていた。まだ起こすのには早いので一人で朝風呂。
 7:30、長男を起こし、フロントの朝食コーナーへ。簡単な軽食ではあったが、長男は食欲がないらしく、パンとサラダ少々と水飲み。大好きな牛乳も飲まず・・・。
 相当緊張しているようで、口数も少ない。
 9:00、チェエクアウト。外は大雨。
 9:15、会場のボディメーカーコロシアムに到着。
 受付をすますとすぐに開会式。
 長男の第1試合は、通しでいくと13試合目。
 全くデータのない相手でおまけに知り合いもいない。気を紛らすにも俺じゃ役不足のようで・・・。
<第1試合>
山陰のS君。
動きに固さを感じたが、体力温存しつつ、判定勝ち。
<第2試合>
京都のN君。
長男と変わらぬ体型で小兵同士の試合。
お互い決め手がなかったが、長男の判定勝ち。
これでベスト4進出。
<第3試合>
和歌山のS君。身長差18cm。
 1週間前の関東大会の準決勝でもやはり身長差のある子に翻弄されっぱなしでいいところもなく負けた。今日も、それが頭をよぎった・・・。
 先週よりも、翻弄される・・・という意味では、だいぶ解消されたが、やはり、一発の技の強さとトータル的な早さで、多少の反撃はあったにせよ、ほとんど押されっぱなしで判定負け。
 技ありを取られなかったのは成長の証???
<第4試合、3位決定戦>
 大阪のI君。
 ブルガリア世界大会にも出場した選手で、身長差16cm。
 ここは絶対に勝ちたいところ。
 しかしながら、相手の膝蹴り(技あり)を見事に食らい、その後何度か反撃するものの、やはり力負けか、ほとんどプレッシャーをかけられっぱなしで終止押される試合。
 結局、判定負け。

 結果、4位。3位であれば、トロフィーをもらうことができたが、4位は表彰状のみ。
 ここ最近は、試合で負けても涙を我慢していた感じではあったが、今日は珍しく悔し涙を流していた。
 初めての関西遠征で一人ぼっち、そして絶対に3位以内に入りたいと思っていただけに、相当悔しかったのだろう。でも泣いていても始まらないのだ。負けたのは何らか自分の力が及ばなかったからであり、負けたということは、負けた原因があり、これからはその原因を把握し、それを克服していくしかない。それを克服したときこそ、一回り大きく(強く)なれるのだから、負けたというのはただ単純に悔しいって思うことだけではなくて、自分がさらに強くなれるチャンスでもあるのだぞ。

結局、表彰式が終ったのは、夕方の16:30頃。
意外と長丁場だった。
帰りの新幹線は20時頃だから、とりあえずまだ時間はあるので、新大阪にある温泉施設に向かうことにした。
ただ、その前に。
c0010590_2354535.jpg

 なんば駅前にあった、キャベツ焼き、130円。
 シンプルなお好み焼き(?)だが、すごいコストパフォーマンスだ。
 いくつでも食べたいぐらい。
 キャベツ焼きを堪能した後、地下鉄で新大阪へ。ボケっーとしてる間に、新大阪到着。ここから、温泉施設のシャトルバスで施設へ。


c0010590_23592676.jpg

 試合が終わり緊張がほぐれたためか、長男の表情には多少の笑顔が。
 他のお客様もあまりいなかったので、広い浴槽で楽しそうに泳いでいた。
 帰りは「のぞみ」であっという間に東京に着いた。やはり行きも「のぞみ」にすれば良かった!

 中学に入っても空手を続け、今年の世界大会も出場したい!と意気込んでいる長男。それには自分の力でなんとかするしかない・・・って言うのは自分でもわかっているみたい。
 ただ、これから先、小柄の長男には厳しい戦いが続くと思うが、なんとかそれを強みにして、さらに精進してもらいたい。
 次は、4月末の全日本大会。がんばれ!
 そして、今年も私を海外に連れて行ってね!
[PR]
# by kaztosshin | 2014-04-04 00:20 | 外出

3月の激務も終焉を迎え、自分へのご褒美と長男の小学卒業と関西初遠征を兼ねた1泊2日の父子二人旅の始まりだ。
 ブルガリア世界大会で、関西大会への出場を進められて、その気になって3ヶ月、やっとこの日がきた。

 往路の新幹線は、なんと「こだま」。いわゆる新幹線の各駅停車。停車する駅で、「のぞみ」の通過待ち。そんなことを何度も繰り返し、約4時間弱で京都に到着。
 
 まずは、行ってみたかった、新福彩館の黒いスープのラーメン。
c0010590_0105397.jpg

 濃い色のスープの割にはあっさりしていて、チャーシューの歯ごたえがたまらなかった!
 それと、可愛い女子店員の「おおきに〜」で、テンションがあがっちゃう!

 昼食後、霊山ミュージアムへ。


c0010590_0111616.jpg

 長男が幕末の歴史に興味があるということで行ってみたが、なかなか楽しかった。
 その後、すぐ近くの坂本龍馬と中岡慎太郎の墓前へ。


c0010590_0114917.jpg

北辰一刀流という流派の剣道を学んでいた坂本龍馬。
剣道と空手。同じ武道家の先輩として、墓前に手をあわせ、明日の勝利を誓う!

c0010590_0122078.jpg

京都の町並み。
曇っていたから、ちょっとガスった感じ。

次に清水寺へ・・・と思ったが、既に16時。
長旅に疲れた長男。
重いボストンバッグをずっと肩にかけていたために私の古傷の肩甲骨が痛みだし、宿泊先の大阪に移動することにした。
念願の関西の私鉄、阪急京都線。
c0010590_019486.jpg

大阪の町をすり抜けて、梅田到着。
東京とかわらぬ人・人・人。
さすがは大阪。大都会!
地下鉄御堂筋線に乗り、ホテルに到着。
最近のビジネスホテルはきれいでおしゃれだなーと思いながら。少し休憩して、夕食。


c0010590_0251570.jpg



c0010590_0253552.jpg

滅多にないセガレとの二人旅。ちょっと照れくさくて、会話は少なかったけど、なんだかすごく楽しい夕食だった。
[PR]
# by kaztosshin | 2014-04-03 00:46 | 外出

7日目 さよなら欧州

息子含めた選手団がなんとかソフィアについてホテルを決まったと聞き、一安心。
私も本当に帰国だ。
13時のフライトから逆算すると、10時過ぎにはウィーン市内を出なければ…。
時間もないので近くを軽〜く観光!ということでドナウ川に行ってみた。
ボヘミアの川よモルダウよ〜。
頭の中にはその歌しか出てこない。そりゃモルダウ川!と頭の中で一人ツッコミしながら、地下鉄に乗りドナウ川に向かった。
c0010590_2242710.jpg

朝9時。寒い。人はジョギングしてるウィーン人のみ。寂しい場所だ。
感想は特に…だった。
ドナウ川は、全長約2800キロ。本州の青森から山口までが約1300キロだからそれを考えるとすごい長さだ。
きっと私が見たこの断片的な景色も、土地を変え国を変えれば様々な顔があり、世界史で学んだ数々の欧州の歴史をこの川は見てきたんだろうと思うと、自分は日本人だけど、何故日本人なんだろうとか、何故ここでは日本語が通じないのだろうとか、当たり前だけどそんな永遠に答えを出すことができない疑問とか、普段は考えないことを改めて考えてしまった。
きっと、本当の勉強ってのは、こういうことを考えてそれに疑問を持ったら答えを見つけたい欲望に駆られそれに向かって行くことなんだろう。
こんな歳になって、久しぶりに海外一人旅をして、改めて色々な意味で刺激を受けた。
また、話が長くなってしまった…。
ドナウ川を後にし、再び地下鉄に乗り、空港へ向かう列車が止まる駅に戻ろうとしたのだが、まだ少しだけ時間があったので、地下鉄を幾つか乗り換えてその駅まで行ってみた。大した意味はないけど、なんだか、そんな普通のことが楽しかったのだ。乗り換えは、日本のそれのように、路線ごとに色分けされてるから、乗りたい色に向かって案内板を見て行けば乗り換えられる。
結局、まだ15分ぐらい時間が余ったので、スタバで一息。クソ寒いのに間違えてフラペチーノを頼んでしまい、それをやめて他のものにする英語力はなかったので、震えながら時間をつぶした。
空港到着!
何度来た?この空港…というぐらい少し見飽きた景色。
チェックイン手続をすると、またもや座席番号がない。係りの女性も、はっきりとオーバーブッキングって言ってる。
またかよー。
試しに聞いてみた。
「俺は今日、日本に帰れないの?」
「問題ないわ。ちょっと混乱してるだけよ」
この間と、対応の雰囲気が明らかに違うし、最悪、明日の便でもいいかなー。なんて気持ちもあった。最大の目的である息子の試合はこの目で見ることができたし。
出国手続きおえ、お土産も買って出発ゲートに向かうと、芋洗のようにアジア人が。ちらっと聞いてみると、中国便が欠航してその人達が流れ込んできてオーバーブッキングだらけだとか。
だから、私のような人がたくさんいるらしい。
c0010590_2242923.jpg


しばらく待たされて、出発も遅れたけど、結局はちゃんと座席入りのチケットが発見され、無事帰国できることに。
オーバーブッキングの影響からかよくわからないが、いろいろあったおかげで、ビジネスクラスで帰国することに!
えーっ!003.gif
多分死ぬまで無いと思っていたビジネスクラス。海外旅行は何があるかわからない!と思いながらも、多種多様なお酒と、フルフラットの座席で快適なフライトでした。
さあ、成田到着。
私の到着より約3時間後、幾分疲れた様子の選手団&長男。
「おかえり、つかれただろう」
「まあ、ちょっとね」
あいかわらず、素っ気ない長男だった。
こっちは、抱きしめたいぐらいだったのに!

日頃道場で稽古をつけて下さり、渡航に際し間に立ちご手配頂いた先生、しつこいようですがありがとうございました。
息子はまだまだ空手を続けるようですので、引き続きご指導お願いします!
ご協力•ご声援頂いた道場の仲間たち、そして保護者の皆様、ありがとうございました。我が息子のような小柄でも、チャンスはあるかもしれません。是非国内の大会に出場してチャンスをつかんでください!
引率頂いた先生、長い道中、ご面倒をおかけしました。本当に助かりました。
また、組手フェスでお会いできればと思います!
大会関係者の方々、大変お疲れ様でした。今後また、国内の大会等でお会いできることを楽しみにしております。
会社の皆様、クソ忙しい時に快く休みを頂いてありがとうございました。
この恩は働いて返します。
だから、今年、もし選ばれたらまたやすみください!

そして、これを読んでくれた皆様、長ったらしい文章でごめんなさい。

ありがとうございました!
[PR]
# by kaztosshin | 2014-01-06 20:43